冷蔵庫 運搬 方法

冷蔵庫の運搬方法で簡単に安く運ぶことができるおすすめ

冷蔵庫運搬

冷蔵庫 運送

冷蔵庫の運搬

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 運ぶ

 

引越しの時に最も大変な家財は、冷蔵庫だと思います。

 

400L以上の冷蔵庫は、ちょっとずらすこともできません。
それもそのはず、重さが100kg以上あるのです。

 

冷蔵庫を1番運び慣れているのは、おそらく引越し業者です。
1日に何度も冷蔵庫を運ぶのですから、狭い場所や段差など冷蔵庫を運ぶノウハウがあります。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、一度に複数の業者から見積もりが届きます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

 

複数の業者の見積もりを比較することで、相場はもちろん最安値の業者も簡単に見つけることができるのです。
何度も連絡する手間が省けて、費用も安くなるチャンスです。

 

引越しでなくても、冷蔵庫を2階に運びたいとか冷蔵庫を誰かに譲りたいなどの依頼も少なくありません。
冷蔵庫を運びたい、そんなときは引越し業者に見積もりを取ってみませんか。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し相場と時期

冷蔵庫運搬時期

 

引越し料金の相場は時期によって値段が大きく変わります。
冷蔵庫の運搬ももちろんそうです。

 

3〜4月は1年で最も引越し件数が多い繁忙期なので、引越し業者はスタッフを増やして対応するため、荷物の運搬費用が高めになります。

 

この時期に引越しをされる方は、新居が決まっったら早めに引越し業者一括見積もりを行って、業者を決めてしまったほうが良いです。

 

引越しはシーズンによって値段が違います。
引越し料金は時期によって値段が大きく変わります。
3〜4月は1年で最も引越し件数が多い繁忙期なので、引越し業者はスタッフを増やして対応したりするために費用が高めになります。

 

この時期に引越しされる方は、新居が決まっているなら早めに引越し業者一括見積もりを行って業者を決めてしまったほうが良いです。
安くてサービスの良い引越し業者はどんどん予約が埋まりますので、最悪の場合は希望日に引越し業者が見つからないなんてことになります。

 

繁忙期を避けられるなら他の月に引越ししたほうが費用の面ではかなり有利です。
通常期でも、土日祝日の午前中は引越し希望者が多いため費用は他に比べてやや高めなります。

 

このように引越しの料金は時期と日程、時間によって異なります。
自分の引越しがいくらかかるのか知りたいなら、早めに見積もりを取って相場を知っておくといいですね。
最悪の場合、希望日に引越し業者が見つからないなんてこともありえる、そんな時期なのです。

 

安くてサービスの良い引越し業者からどんどん予約が埋まりまうので、早めの契約がオススメです。

 

繁忙期以外にできるなら、他の月に引越ししたほうが費用の面ではかなり有利です。
しかし通常期でも、土日祝日の午前中は引越し希望者が多いため費用は他に比べてやや高めです。

 

引越しの料金は時期と日程、時間によって異なります。
自分の引越しが実際にいくらかかるのか知りたいなら、早めに複数の業者から見積もりを取って相場を知っておくといいですね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの際にはすることが多いですから、だいたいの手順を先に確認しておきましょう。

 

引越し業者への見積もりですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
新居にエレベーターがあるかないかなどの情報も引越し費用に関係するからです。
ですから見積もりは新居が決まったらすぐに依頼するようにしましょう。

 

荷造りは季節外れの洋服などからダンボールに詰めて、時間に余裕を持って行いましょう。
そして不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は転出届を出しましょう。
これは引越し2週間前から出すことが出来ます。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越しの1〜2週間前に各会社に連絡して、公共料金の精算を手配をしてもらいましょう。
同じ市内での引越しであれば、同じ会社で引越し日から新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

引越しによって郵便物が届かなくなるのは困りますね。
郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越し日当日ですが、荷物の運搬は引越しスタッフにお任せしてください。
ただいくつか自分で運ばなければならない荷物があります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越し当日、気を付けること

引越し当日はとにかく人の出入りが激しくなり、自分も引越し業者もバタバタしていますので大切なものや高価なものなど貴重品はかならず前もって自分で運んでおきましょう。
現金・通帳・印鑑・宝石・高価な時計・株券そして意外と忘れがちなのが遺影などです。

 

あとパソコンやカメラのデータも万が一破損した場合は、電化製品は保険で何とか弁償できますが、データは復元できません。どこかに保存しておくか、自分で運んでおきましょう。大切なものが無くなるというのはお互いに嫌なものですから、細心の注意を払っておくといいですね。
引越し当日は、意外と現金が必要です。引越し業者に支払う分も必要ですがそれ以外に、ガスの元栓を閉めてもらうためにガス会社に来てもらう作業があります。その時日割り料金を支払う場合もあります。

 

さらには食費や交通費などもありますので、引越し当日は手元に現金を持っておきましょう。
引越し業者がすべてを運んだあと、大家さんや管理会社の方立ち合いで最終確認と鍵の返還を行います。このときもともとあった傷などの情報が役に立ちます。自分がつけたものではないキズで敷金が戻ってこないのは納得できないので、最後まできちんと話し合いをしてお礼を行って引越し完了です。

 

当日

 

 

 

引越しの多い季節

冷蔵庫運搬季節

 

引越しは春に多いです。
春は進学や就職で、大学の近くに引越しする学生さんや会社の寮に入る新入社員の移動で1年で最も引越しの件数が多いからです。
さらには人事異動で新学期を新しい場所で始めるサラリーマンも増えます。

 

そのため春は繁忙期と呼ばれるほど引越しが多い時期なのです。

これはなんだかわかる気がしますね。

 

では次に引越しの多いのはどの季節かわかりますか?
実は春の次に引越しが多いのは、秋なのだそうです。

 

一般的な会社では人事異動は春と秋の2回ありますので、9〜10月から勤務先が変わって引越しをするというサラリーマンが多いのです。
しかし春も秋も気候が良いので、引越しすること自体はそんなにつらくないかと思いますね。

 

では問題は夏と冬ですが、どちらの方が引越しが多いと思いますか?
実は夏と冬では冬のほうが引越しは多くなります。

 

暑い時期には引越ししたくないということですね。
寒いのはコートをたくさん着込めば何とかなりますが、暑いのはどうにもなりませんね。
引越し中なのでエアコンをガンガンにして引越しするということも出来ませんので、みんな汗だくで作業します。

 

さらに冬に引越しが多い理由としては、新築の戸建てを買った場合は12月までに新居に入ると税金が変わるという理由の方もいます。
季節と引越しには関係があるのですね。

 

逆に季節は全く気にしないという方もいました。